このページの先頭です

結婚したい女性が相手の年収条件を300万円以上にした方が良い理由

150views

投稿日:

より幅広い層の独身男性と出会える

どうせ結婚するのであれば、できるだけ高年収の男性と知り合い結婚したいという思いを持つのは当然のこと。ところが、こうしたいわゆる好条件の男性は、婚活パーティなどの婚活サービスを特に利用しなくても異性と出会う事ができる確率が高く、結果的に婚活パーティなど婚活サービスを利用している女性が好条件の男性と出会う事は至難の業です。

一方、婚活サービスの登録時に求められる独身男性に求める条件をより高い理想のものに設定してしまうと、婚活サービスに同じく登録している独身男性の大半がこの条件に合致しなくなってしまい、せっかく婚活サービスに登録したにもかかわらず、男性会員と出会うことさえできないという結末に陥る恐れも。

こうした状況に陥らないためにも、妥協できる部分は少しでも条件を下げるのがおすすめといえます。例えば、年収条件の部分を1000万円以上など高い条件に設定せず、敢えて500万円以上や300万円以上など一般常識に照らし合わせた額に設定することで、それまでの条件では出逢うことができなかった多くの男性会員と出会うチャンスを自然と獲得できるでしょう。

特に、年収が高い男性会員の大半は40代以上など中高年以上の男性に限られてしまう一方、年収条件を低く設定することで、20代や30代など若手の男性会員と知り合うこともできるので、年収以外の部分で理想に近い男性と巡り会える可能性も高められます。

長年にわたって婚活サービスを利用しているのにもかかわらずなかなか男性と結婚できないばかりか、男性会員と交流することさえままならないと言う方ほど、こういった柔軟な対応を行う事をおすすめします。

将来性ある男性と出会える

婚活サービスには、男女共に幅広い年齢層の方が、幸せな未来の結婚生活とその相手を求めて登録しています。多くの会員が男女とも登録している一方、事前に登録が求められる異性に求める条件に基づき会える異性が自動で割り振られるため、最初の段階で高い理想を条件として課してしまうと、どれだけ多くの会員が登録している大手婚活サービスであったとしても、異性と出会える可能性は低くなってしまいます。

また、年収など特定の条件を高額に設定してしまうと、それを満たす男性の数が極端に減ってしまい、何度検索しても同じ人とばかり巡り会ってしまうと言う結果に。こうした悪循環を打破するためにも、特に年収など男性会員の検索結果が大きく変化しやすい部分については、ある程度妥協した条件を設定してみたり、敢えて300万円以上のような一般的な条件に設定してみることをおすすめします。

300万円という世情を反映した妥当な額を年収条件として設定することで、未だ社会人としては未熟な立場にある20代や30代など若い男性会員と出会える確率を必然的に高めてくれます。特に300万円以上という条件に絶対に設定した方が良い理由として、社会人として働き始め5年目から10年目までの若手に位置する男性の大半が、300万円前後という年収額を獲得している層に当たるからです。

20代30代男性では、一部のエリート職に在職する層を除き300万円前後から400万円未満までの平均年収が一般的で、これは安定した職業として婚活業界でも人気の公務員にも該当します。そして、この条件の下で見つかった男性会員の中には、今後、40代50代とキャリアを重ねる毎に必然的にその年収額も段階的に上昇していく人も多く存在しています。

これらの点からも、婚活という出逢いの初期段階から高い条件を設定して好条件の男性を探すのではなく、今後の可能性と将来性を見込んだ上で敢えて300万円以上という常識的な年収額を設定し男性会員を探した方が、より納得できる結婚相手を無理なく見つけることができるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です