このページの先頭です

12星座をさらに分割!星座別の恋愛傾向の違いと特徴まとめ

752views

投稿日:

星座占い

毎日の占いなどでおなじみの星座占いが浸透していますが、あなたの星座は何座でしょうか?
実は、占星術では火・水・風・地と12星座はさらに4つのグループ分けができます。それぞれの特徴などにより性格や恋愛傾向にも違いがありますので、是非ご自分の特性を知って婚活に生かしてみてくださいね。

火の星座(牡羊座・獅子座・射手座)のあなた

火の星座(牡羊座・獅子座・射手座)

直感を大事にする情熱家タイプの牡羊座・獅子座・射手座。
先が見えないことや、誰もやったことがないことなどに可能性を見出していきます。
自分自身が熱くなること、夢中になることで周りの人に元気を与える役割があります。
現実を直視したり、立ち止まって考えたりと言うことは苦手な人が多いのも特徴です。
当たって砕けろ!な精神で、経験や体験が大事なアクティブ派が多いです。

恋愛面では、その直感を大事にして、ピンときたら動いたり、気になった相手にはこちらからアピールすると出会いの場も広がります。周りが何かを言っても、あなたのインスピレーションを大事にするとうまくいきます。

地の星座(牡牛座・乙女座・山羊座)のあなた

地の星座(牡牛座・乙女座・山羊座)のあなた

感覚や実感することを大事にする牡牛座・乙女座・山羊座。
生きていく上で、安定や確実性を大事にします。口にするものは食べるならば美味しいものであることが大事で、住居はとにかく自分が心地いいことが大事です。
毎日の生活の安定のために、目に見える成果を出すことに生きがいを感じます。
成果を出すまでに少し時間がかかりますが、地道に向き合う姿勢が評価されやすいのか特徴です。
火の星座とは逆で、現実的なことが得意な地の星座、たまには夢を見たり生きがいを大事にするのも必要です。

恋愛面では、収入面や資産など、自分の譲れない部分は妥協しない方が良いでしょう。
きちんとした定職についている人など、結婚しても衣食住に困らない相手がおすすめです。

風の星座(双子座・天秤座・水瓶座)のあなた

風の星座(双子座・天秤座・水瓶座)

思考することや情報収集が得意な双子座・天秤座・水瓶座。
生きる上で大事なのは自分の好奇心を満たせるかどうかに重きを置きます。
自分が知らないことや未知のことなどを知ることが大好きで、色々なことに対しての仕組みや関係性などを知り、客観的にどうしたらもっと良くなっていくかを無意識に考えていることが多いのが特徴です。
また、日本と海外を繋いだり、異種のものの間に立つ仲介役の役目もあります。

恋愛面では、幅広く人脈を作ったり交友を広げると、そこから思いがけない出会いがあります。
ネットに強い星座なので、ネットでの出会いや情報収集がおすすめです。

水の星座(蟹座・蠍座・魚座)のあなた

水の星座(蟹座・蠍座・魚座)

感情を何よりも大事にする蟹座・蠍座・魚座。
目に見えないものを大事にする傾向が強く、心の繋がりをとても大事にします。
感動したものや良いものなども、誰かと常に共有したい気持ちが特に強いです。
感受性が高いので、相手のことや環境、その場の雰囲気などから敏感に察知できてしまい、自分のことのように悲しんだり、喜んだりします。想像力や共感する力がとても高いため、優しい人が多いのが特徴です。

恋愛面では、この人!と思ったら、よそ見しないでその人と長く深い時間を過ごしたいタイプなので、同じ水星座の相手を探すと良いです。好きな相手だけがいればいい、と思いがちなので、あまり束縛しないように気をつけるとうまくいきます。

まとめ

12星座でも、それぞれの違いがあるのが分かりますね。
火と水は、世間一般でも相容れないと言いますが、火と水の星座、地と風の星座同士は占星術上でも少し分かり合うのに時間がかかったり、持っている感性や性質、大事にしている事が違うため、理解し合うことが大切です。
気になる相手の星座が分かる方は、参考にしてみるといいかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です